Uncategorized

みなさま、ごきげんよう。
きつねでございます。

前回に引き続き、今、話題の曲「夜に駆ける」についてお話していきたいと思います。

夜に駆けるという曲はミステリアスで、結局、最後はどうなったんだろう?と余韻を残す曲でもありますよね。

少し、夜に駆けるのミステリーな部分を紹介したいと思います。

999の謎

夜に駆けるは、小説「タナトスの誘惑」の曲で、歌詞が衝撃的だったりもするのですが、PVも人気の一つとなっています。

PVをみていると、はじめ女の子が目隠しされているんですが、最後、彼氏の方が闇に落ちた時に、はじめて彼女の顔が出てくるんですよね。

「めっちゃ美人やん!」

あのイラストから、この美少女?美女?

そっちの方も衝撃でしたね。

実は、女の子の顔ばっかり気になって、全然みてなかったのですが、右上に数字が出てるそうなんです。

で、よーく見ていたら、999で終わってるんですね。

999で有名なのは、「銀河鉄道999」です。

これ、何で999ってつけてるかっていうと、作者の松本零時さんがおっしゃるには、

「大人の1000になる前で未完成の青春の終わり」

ということを意味してるらしいです。

つまり、この二人の恋人たちも1000には到達しなかった。大人になる前に終わってしまった。ということを意味しているのかもしれません。

他にも、YouTubeのコメント欄を見ていると、チャンネルフォルティシモさんがこんな考察をされていました。

999の数字というのは、タナトスの誘惑を読むと8月15日の出来事だった。

と書いてあるので、そこから999日を引くと、なんとYouTubeで曲をアップした日になる。

つまり、11月16日になるそうです。二人が出会って、過ごした時間が、999日。

999日目に二人は終わりを迎えた。ということになるようです。

深い!!

フォルティシモさんありがとうございます。ピアノみました。

ただ、この999という数字。

実は、完成の一歩手前。1000の一歩手前、ということで夜明け前という意味も含まれているそうです。

もうすぐ夜が明ける。つまり、ひょっとして、命をたったという解釈以外にも、二人は新しい自分になった。これまでの自分を捨てた。という解釈も残されているような気がしますね。

前回の動画でもご紹介しましたが、

エロスとタナトスは表裏一体。

実は、タナトスに強烈に惹かれる人は、エロスの欲望。つまり生への欲求も同じくらい強いのかもしれません。

タナトスの誘惑。

物欲、性欲、支配欲など・・・エロスに支配されている欲望はどこまでも深く、際限なく広がっていますよね。

それと同じ位、タナトスに支配されると、死への欲望というのは、深い深い闇が広がっているかと思います。

そんな深い闇にずっぽりとはまってしまった恋人たちがおこした、恐ろしい事件が過去にありました。

ゴスロリカップル家族殺傷事件

この事件は、当時16歳の少女と幼馴染の18歳の少年の二人が小説と同じように、タナトスに誘惑されて、おきた事件なのではないかなと思われます。

16歳と18歳の少年は、幼馴染でありながら恋人同士でした。

二人はすごく特徴的で、いわゆるゴスロリの趣味を持っていたようです。

少女の顔立ちはすごく整っており、可愛い顔をしていた。服装は黒と白のレースやフリルのついたものを好んで着ていたようです。

少年の方も黒ずくめでスカルの柄のものを好んでいました。二人は、自傷行為を繰り返しており、少年は猟奇的な犯罪に関する本を好んで読んでいたそうです。

そんな二人が一緒にいて考えることは、タナトスのことでした。

一緒に命を絶とう。

と二人は話していたそうですが、ここまでは小説と一緒です。

しかし、この事件の怖ろしいところは、なんと二人はお互いの両親も道連れにすることを計画していたのです。

2003年11月1日午前2時。

二人はついに計画を実行にうつしました。

まず少年は実の母親を包丁で切りつけました。さらに弟と父親まで刺しました。

母親は病院に搬送されましたが、病院先で死亡が確認されます。

弟と父親は助かったものの、重傷を負ったということです。

18歳の少年は家から出ると、待ち合わせをしていた16歳の少女を車に乗せて逃げましたが、お金を取りに自宅へ戻ろうとしたところ、警察にみつかり逮捕されたそうです。

家族がいなくなった後、二人だけの世界を作りたい。そのあとは、自分たちも命を絶ちたかった。

と話しており、恋人がお互いに自分の世界を共有できることに喜びを感じていたようです。

唯一自分と同じタナトスに支配される人が見つかった。そして、自分と一緒にいてくれる。

二人は幼馴染でしたが、つきあいだしたのは、事件がおきる2か月前でした。

少女は少年と出会った時、こんな言葉を残しています。

「マジで人生って楽しいね。よくこんなポジティブになったもんだ、私よ」

そこから犯行にうつすまで2カ月の間に二人は計画し、ホームセンターで包丁を購入しました。付き合いだしてからこの犯行までの早さが、いかに二人が意気投合したか?がわかりますよね。

「タナトスの誘惑」の作品紹介でしょうか?

突然理想の人が現れたら、ご注意を。という一文があります。

理想の恋人ではなく、一緒にいってくれる人。を求めていたのかもしれません。

はい。前回と今回。2回にわたって、よあそびさんの曲「夜に駆ける」についてお送りいたしました。

今後もミステリーな話題、都市伝説など、お送りしていきますので、チャンネル登録どうぞお願いします。

またコメントも待ってます。
それでは次の動画でお会いしましょう

ごきげんよう!